スズキ中間は2年連続で最高益

2014.11.6 17:59

 スズキが6日発表した平成26年9月中間連結決算は、営業利益が前年同期比0・3%増の905億円、最終利益が4・4%増の539億円となり、いずれも中間期としては2年連続で過去最高を更新した。売上高は4・4%増の1兆4306億円。

 軽自動車の新型車「ハスラー」が好調な国内や、主力のインドなどで販売を伸ばした。また、円安の進行で営業利益ベースで47億円の為替差益が出た。

 一方、鈴木修会長兼社長は同日の記者会見で、総務省が消費税率10%引き上げ時に廃止される自動車取得税に代わる新税として、燃費に応じて課税する「環境性能割」を軽自動車にも課す方針を示したことについて、「地方いじめだ」などと強く批判した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。