タカタ、通期赤字予想を250億円に下方修正 エアバッグ欠陥問題の拡大で

2014.11.6 18:45

 自動車部品大手のタカタは6日、今期(2015年3月期)の通期連結業績予想を修正し、最終赤字が従来予想より10億円悪化し250億円の赤字になると発表した。米国で深刻化しているエアバッグのリコール(回収・無償修理)問題にからみ、追加の特別損失を計上したため。

 タカタが製造したエアバッグの装置の欠陥で衝突時に金属片が飛び散る恐れなどがあり、自動車メーカーが6月からリコールを実施。タカタは4~6月期に引当金約447億円を特別損失として計上していた。

 だが、トヨタ自動車が対象地域を広げ、米ゼネラル・モーターズ(GM)などが新たなリコールを行ったことから、7~9月期にも約29億円の引当金を計上、特別損失が拡大した。

 この結果、9月中間連結決算は、最終損益が352億円の赤字に転落した。

 野村洋一郎執行役員は会見で、米国で提起されている集団訴訟について「(現時点で引当金計上などの)備えはしていない」と説明。自動車メーカーからの受注のキャンセルも「認識していない」と述べた。

 しかし米国の道路交通安全局(NHTSA)がタカタや採用自動車メーカーに対する調査を強化していることから、業績への影響が広がる可能性もある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。