ドコモ、10カ国語との会話翻訳アプリを海外でも提供開始 アンドロイド用

2014.11.6 19:07

 NTTドコモは6日、日本語と外国語の会話を音声翻訳するスマートフォンやタブレット端末向けのアプリ「Jスピーク」を、海外通信事業者のユーザー向けに10日から提供を始めると発表した。主に訪日外国人や海外在留邦人などの利用を想定している。対象は13カ国・地域で、米国での料金は1週間99セントと1カ月2ドル99セントの2種類。

 対応機種は、アンドロイド搭載端末。アプリをインストールした端末に話しかけると、英・中・韓・独・仏など10カ国語と日本語との間で相互翻訳できる。文章の画面表示と読み上げが可能で、旅行や日常生活で多用する700の文例も搭載している。

 国内のドコモ利用者向けには同様の無料アプリ「はなして翻訳」を2012年から提供しており、666万人がダウンロードした。翻訳精度が高まったため海外向けに有料で展開、提供国を広げていく。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。