「地銀再編」加速 人口減にらみ競争力強化、ゆうちょ上場も脅威に (1/3ページ)

2014.11.8 06:52

 地方銀行再編の波が全国に押し寄せている。横浜銀行と東日本銀行に続き、7日には肥後銀行と鹿児島銀行の経営統合交渉が明るみに出た。地銀が都道府県の枠を越えて一緒になる相手を探し始めたのは、人口減少により将来の金融サービスの需要先細りが避けられないためだ。

 7日午後の東京株式市場。肥後銀と鹿児島銀が統合を検討していると伝わると、統合による利益拡大を期待した買い注文が殺到し、両行の株価はそれぞれ年初来高値を更新した。

 「地銀再編時代の幕開けだ」。大和証券の松野真央樹アナリストは一連の動きをこう表現した上で、「財務内容が健全なうちに、他行と統合して先手を打つ前向きな再編の動きが今後も続く」と予想する。

地銀の再編を後押ししているのが金融庁

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。