シティ2次入札締め切り 三井住友銀と三井住友信託の2行有力 (1/2ページ)

2014.11.8 06:50

 米系シティバンク銀行の個人向け部門の売却先を決める2次入札が7日、締め切られた。シティ銀は国内4銀行に入札参加を呼びかけたが、新生銀行とりそな銀行の買収意欲は減退しており、三井住友銀行と三井住友信託銀行の2行が有力とみられる。シティ銀は年内にも売却先を固める考えだ。

 シティ銀の総資産は約4兆7000億円。売却対象は、1兆円規模の外貨預金を含む個人部門と、「ダイナースクラブ」ブランドのクレジットカード事業。

 関係者によると、三井住友銀は富裕層顧客を抱える個人部門を重視して応札したようだ。既にグループ会社で手がけているカード事業についての関心は大きくないとみられている。

 これに対し、三井住友信託銀は、個人部門よりカード事業を買収したい意向のようだ。会費や手数料など安定的に収益を確保できるとみて、応札では、カード事業を重視したとみられる。

シティ銀は11月末にも優先交渉権を与える

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。