【クルマ人】レクサス史上初のセクシーなクーペ「RC」 開発者が明かす“情緒的な走り” (1/3ページ)

2014.11.10 07:00

 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が10月23日に発売したスポーツクーペ「RC」。「エモーショナル(情緒的)な走り」を掲げるレクサスブランドを牽引(けんいん)するニューモデルで、独メルセデス・ベンツや独BMWなど海外高級車メーカーに真っ向勝負を挑む。2ドアで積める荷物も少ないが、自動車ファンなら一度は憧れるクーペ。565万円からという価格設定にも関わらず、事前受注は900台に上る。開発を指揮した草間栄一主査は、レクサスで初となる「セクシーなデザイン」を目指したと語る。

 --開発はいつから始まったのか

 「平成23年5月。22年にクーペタイプの『SC』の生産が終了し、レクサスの“エモーショナルな価値”を上げる車がなくなっていた。(ドイツ勢など)競合のプレミアムブランドと比べても、早く出してほしいというニーズがあった。クーペを作り、レクサスのブランドイメージを変えるというのが私のミッションだった」

 --3年半という短期間で発売できたのは

 「通常は新型車の開発は4~5年かかる。開発初期でいろんな車を組み合わせて試作車を作るが、今回それをやめた。社内的には抵抗があったが、ある程度デザインができたところで試作車を作り、図面や品質の作り込みに時間をかけた。『RC株式会社』の社長になったつもりでやった」

若い人にアピールできる車がほしかった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。