大株主の怒り買ったコカ・コーラ… 話題の「緑のコーラ」で経営立て直せるか (1/5ページ)

2014.11.10 06:55

コカ・コーラのケントCEO。逆風が強まる中、経営改革の加速が求められている(AP)

コカ・コーラのケントCEO。逆風が強まる中、経営改革の加速が求められている(AP)【拡大】

 米清涼飲料大手コカ・コーラが揺れている。健康志向で看板商品のコーラが低迷し、直近の決算では大幅減益となるなど業績が悪化。従業員の高額報酬が著名投資家のウォーレン・バフェット氏ら大株主からやり玉に挙げられている。危機感を強めるコカ・コーラは、植物由来の“緑のコーラ”の開発など商品戦略の見直しや、リストラの加速に乗り出したが、改革は待ったなしだ。

 怒る投資家

 米投資会社バークシャー・ハサウェイを率いるバフェット氏。ウォール街を嫌い、故郷のネブラスカ州オマハに拠点を構えて世界経済を鋭く洞察する姿は「オマハの賢人」と称され、日本にもファンが多い。

 そのバフェット氏が、「米国を代表する企業ブランド」とひときわ高く評価するのがコカ・コーラで、バークシャーはコカ・コーラ株の約9%を保有する筆頭株主だ。バフェット氏本人も子供の頃から大の「コーク好き」で、ハムサンドイッチと一緒に食べるのがお気に入りだとか。

 それほどコークを愛してやまないバフェット氏が、同社にかみついた。理由は、コカ・コーラの「並外れた」従業員への報酬体系。たとえばストックオプション(自社株購入権)だけでも、2011~13年の平均で、同社の発行済み株式の1・3%に達し、バフェット氏は「幹部に法外の報酬をもたらす『宝くじ』だ」と批判した。

「コカ・コーラがバフェット氏の圧力に屈した」(WSJ)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。