化粧品各社、中高年戦略を深化 資生堂は「加齢順応重視」新ブランド (1/3ページ)

2014.11.12 05:44

資生堂の新ブランド「プリオール」の発表会。女優の宮本信子さん(左)と原田美枝子さんがアピールした=11日、東京・銀座

資生堂の新ブランド「プリオール」の発表会。女優の宮本信子さん(左)と原田美枝子さんがアピールした=11日、東京・銀座【拡大】

 化粧品各社が、国内市場で購買額の半分近くを占める中高齢層を取り込む戦略を深化させている。資生堂は50代以上を主なターゲットとする新ブランド「プリオール」を2015年1月に立ち上げ、再挑戦。先行する花王は50代向けのベースメークブランドの新製品を今月投入した。一方、コーセーは保湿など顧客ニーズに合わせたラインアップの充実を図るなど、50代以上の争奪戦が過熱している。

 「資生堂として退路を断ち、シニア市場にチャレンジする」。プリオールを担当する石川由紀子ブランドマネージャーは都内で11日に開かれた発表会でこう強調した。

 中高齢層向けでは従来、30代向けのブランド「エリクシール」から派生したスキンケア商品を扱ってきた。プリオールは口紅や化粧水、シャンプーまでをそろえた25年ぶりの中高齢層向け「総合ブランド」になる。

 化粧下地やファンデーションを兼ねる「美つやBBジェルクリーム」(市場想定価格3240円)は、つやを肌に持たせてシミやくすみをカバーする。主流の「抗加齢」をあえて打ち出さず、「加齢という変化に上手に順応する」(石川氏)ことを重視したという。

競合する花王は11年から50代向け商品を展開

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。