日立、欧州高速鉄道に攻勢 3強の牙城崩せるか 中国も参入で競争激化 (1/4ページ)

2014.11.14 05:40

日立製作所が初公開した英国向け高速鉄道車両=山口県下松市の同社笠戸事業所

日立製作所が初公開した英国向け高速鉄道車両=山口県下松市の同社笠戸事業所【拡大】

  • 日立製作所が初公開した英国向け高速鉄道車両の客室(左)=山口県下松市の同社笠戸事業所

 日立製作所は13日、英国のロンドンとスコットランドのエディンバラなどを結ぶ高速鉄道向けに製造していた「クラス800」の車両を、笠戸事業所(山口県下松市)で報道陣に初公開した。車両は2015年1月に英国に搬送し、試験走行を経て17年から運行が始まる見通し。省エネなど最新の技術を盛り込んだ車両が予定通りに完成したことで、16年初めから英国の新工場で行う車両製造もスムーズに運びそうだ。同社は英国のプロジェクトを確実に成功させ、海外での鉄道ビジネスの拡大につなげる構えだ。

 電化・非電化両用

 完成した車両の運転速度は最高で時速201キロ。電力がない非電化区間は床下に備えたディーゼルエンジン付きの発電機から電力を受け、架線からの電力で走る電化区間と非電化区間の直通運転ができる「バイモード技術」を採用した。全体的にコンパクトなデザインに仕上げられ、駆動システムには最先端の省エネ技術を取り入れた。

 日立は12年に英運輸省から「都市間高速鉄道計画(IEP)」向けに122編成・866両を受注。このうち12編成分は笠戸事業所で製造し、英国に順次搬送する。残る110編成分は英北東部ダーラム州ニュートンのエイクリフで建設中の車両製造工場で16年初めから製造する計画だ。

グローバルに鉄道ビジネスを展開する第一歩

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。