IMAX、TOHOシネマズとの新たなパートナーシップにより新宿コマ劇場跡地に、都心で初のIMAX(R) シアターをオープン

2014.11.14 16:38

IMAX ロゴ

IMAX ロゴ【拡大】

  • IMAX Digital System
  • IMAX イマーシブ・サウンド・システム

IMAXコーポレーション(ニューヨーク証券取引所:IMAX; トロント証券取引所:IMX、以下:IMAX)と、日本の興行収入第一位の興行会社であり、日本における最大の映画製作・配給会社である東宝株式会社の子会社であるTOHOシネマズ株式会社(以下:TOHOシネマズ)は、東京の商業、ビジネス及びエンターテイメントの中心である新宿コマ劇場跡地での東宝の新規開発プロジェクトにIMAX(R) シアターを導入することに合意しました。本プロジェクトには、ホテル、レストラン、店舗やTOHOシネマズ新宿が含まれており、IMAXはその中で重要なエンターテイメント・アトラクションとしての役割を果たすことになります。TOHOシネマズとの初の契約となる本IMAXシアターは、IMAXにとって、東京の山の手線内に所在するものとしては初めてのシアターとなります。また、本シアターには、IMAXの次世代サウンド・システムである12.1CHのIMAX イマーシブ・サウンド・システム*がアジアで初めて搭載されます。

IMAXは日本においては2009年に最初の商業的なマルチプレックス・シアターをオープンし、以来その商業的ネットワークの契約を全国で23シアターにまで拡大しており、現在その内の17シアターがオープンしています。「GODZILLA ゴジラ」や、日本においてオープニング週末興行収入記録となった「トランスフォーマー/ロストエイジ」など、IMAX体験に対する要望は依然高まり続けており、今回の契約はその成功に基づいた合意となります。

「今回のTOHO シネマズとの契約合意や、IMAXシアターにおける好調な興行成績にも象徴されるように、世界第三位の巨大な映画市場を持つ日本において、私たちのビジネスは拡大し続けています。」とIMAXのCEO リチャード・L・ゲルフォンドは述べています。「今までにおいても、特に実績を残している市場において、新規の興行会社とのパートナーシップは、さらに新しい需要を生み出してきました。この度、日本でも第一位の興行会社であるTOHOシネマズとのパートナーシップを構築できたこと、さらには新宿という象徴的な場所で新しいIMAXイマーシブ・サウンド・システムによる世界最高の臨場感を日本の皆様にご体験頂けることをとても喜ばしく思います。」

TOHOシネマズ株式会社代表取締役社長瀬田一彦氏は次のように述べています。
「世界中で実証されている、IMAXの最高技術でもたらされた映像・音響体験のパワーを、「GODZILLA ゴジラ」や「トランスフォーマー」などでも目の当たりにしました。TOHOシネマズの映画館の中で間違いなく一番のプレミアムシアターとなるTOHOシネマズ新宿に、最新のIMAX設備が導入できたことで、このシネコンが新宿の新たなエンターテインメント・ホット・スポットとなる確信はさらに強くなりました。IMAXとTOHOシネマズとのコラボレーションが、今後も、全国のより多くのお客様に喜んで頂く機会の提供に連なる今回のスタートを、こころから喜んでいます。ご期待ください。」

* IMAX イマーシブ・サウンド・システム
IMAXの次世代サウンド・システムは、従来の究極のサウンドおよび臨場感に加え、大きなパワーと精密さを体験できます。この新しいサウンド・システムは、12個の独立したチャンネルにサブ・バスを加えたものへとアップグレードされた12.1chのシステムです。従来の6.1チャンネルから追加されたサイド・チャンネルおよび新しいオーバーヘッド・チャンネルで一層パワーアップしたシステムにより観客をサウンドで包み込み、シアター内のどこの席に座っていても最高の音質を体感できます。この新技術に加え、IMAX用に特別にリマスターされた非圧縮サウンドトラック、特許を取得しているサウンド・モニター・テクノロジーや優れた音響処理により、更にリアルで迫力あるサウンドを体験できます。

TOHOシネマズ株式会社について
TOHOシネマズ株式会社は65劇場596スクリーン(※)の映画館を全国に展開し、最新のエンタテインメントを提供する興行会社です。上映する作品は映画に加えてコンサートや演劇、スポーツなどのライブビューイング(生中継上映)など幅広いラインナップで提供しています。
TOHOシネマズの上映作品やサービスに関する詳細はウェブサイトwww.tohotheater.jpにアクセスしてください。
(※)共同経営館5劇場56スクリーンを含む

IMAX コーポレーションについて
IMAX コーポレーションは、革新的なエンタテイメント・テクノロジーを提供する企業です。独自のソフトウェア、設計、装置を融合させることで生みだす体験は、想像したこともない世界へと導きます。多くのトップクラスの映画製作会社やスタジオがIMAXの技術を活用し、観客を魅了しています。IMAX が誇るネットワークは世界の主要な映画の最も重要かつ優れた映画配給プラットフォームとなっています。

IMAXは、ニューヨーク、トロントおよびロサンジェルスに本社機能を置き、ロンドン、東京、上海および北京にオフィスを構えています。2014 年 9 月30 日現 在、世界 59 か国で IMAX シアター 868館(735 のシネマコンプレックス、19 の商業施設、114 の公営施設)を展開しています。

IMAX(R), IMAX(R) 3D, IMAX DMR(R), Experience It In IMAX(R), An IMAX 3D Experience(R), The IMAX Experience(R) および IMAX Is Believing(R) は、アイマックス・コーポレーションの登録商標です。より詳細な情報をお求めの方は www.imax.comをご覧ください。また、IMAX公式アカウント: Facebook (www.facebook.com/imax), Twitter (www.twitter.com/imax) や YouTube (www.youtube.com/imaxmovies) をご覧ください。

TOHO Cinemas(R) は、TOHOシネマズ株式会社の登録商標です。

###

本プレスリリースは、経営に関する推測や既存情報にもとづく仮定的な記述を含んでおり、そのような仮定的な記述により明示あるいは暗示された将来の結果が実際の結果と著しく異なることになるようなある程度のリスクと不確定要素を含んでいます。 このような要素やその他のリスクや不確定要素は、最新の当社年次報告書フォーム10-Kや、四半期ごとの報告書、フォーム10-Qで公開されています。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。