高級感にこだわった「エスクァイア」 「安っぽいミニバンは嫌だという人を想定」 (1/4ページ)

2014.11.16 17:00

トヨタ自動車が発売した新型高級ミニバン「エスクァイア」=10月29日午後、東京都江東区

トヨタ自動車が発売した新型高級ミニバン「エスクァイア」=10月29日午後、東京都江東区【拡大】

  • 新型上級ミニバン「エスクァイア」のフロント部分。マスクをかぶったバットマンの口元と似ている?
  • 新型高級ミニバン「エスクァイア」の発表会に参加した吉川晃司さん(右)とバットマン=10月29日午後、東京都江東区
  • 新型高級ミニバン「エスクァイア」を発表するトヨタ自動車の水間英紀チーフエンジニア=10月29日午後、東京都江東区
  • 「エスクァイア」の内装。高級感にこだわった
  • 新型上級ミニバン「エスクァイア」の開発を指揮したトヨタ自動車の水澗英紀チーフエンジニア
  • 新型上級ミニバン「エスクァイア」の開発を指揮したトヨタ自動車の水澗英紀チーフエンジニア

【クルマ人】

 トヨタ自動車が新たなジャンルのミニバンを発売した。上級ミニバン「エスクァイア」。高級感にこだわった内装とイメージキャラクターを務めるバットマンの顔のようなインパクトあるフロントグリルが売りだ。国内ではファミリー層を中心に人気を集めるミニバン。開発を指揮した水(みず)澗(ま)英紀チーフエンジニアは「今までなかったクルマで市場を活性化したい」と意気込む。

 小学生の子供がいるファミリーに的

 --開発のコンセプトは

 「ミニバン市場は平成16年ごろをピークに台数が減っているが、5ナンバーサイズの背の高いコンパクトモデルは堅調に推移している。消費者が求めているのは広い室内やスライドドアの使いやすさ。トヨタとしてしっかり売っていくため、『ノア』と『ヴォクシー』をテコ入れするだけでなく、魅力的な商品で拡販しようと開発した」

 --ノアやヴォクシーとどう住み分けを図ったのか

買い替えを考えているが安っぽいミニバンは嫌だという人を想定した

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。