“家電芸人”が火付け役? 「一芸調理家電」に注がれる男性目線 (1/3ページ)

2014.11.16 07:20

油を使わずに高温の空気で揚げ物を調理できるフィリップスのノンフライヤー(手前)。男性の注目度が高い=大阪市北区のヨドバシカメラマルチメディア梅田

油を使わずに高温の空気で揚げ物を調理できるフィリップスのノンフライヤー(手前)。男性の注目度が高い=大阪市北区のヨドバシカメラマルチメディア梅田【拡大】

 平成20年のリーマン・ショック以降、家庭で調理したものを食べる「内食」志向が根強い中、ノンフライヤーやティーメーカーなど機能を限定した高性能の“一芸調理家電”が人気を集めている。「男子厨房(ちゅうぼう)に入らず」も今は昔。家事を分担したり、すすんで料理をしたりする意識の広がりで、男性の購入が目立つといい、これからは「男性目線」がヒットのカギになりそうだ。(伊豆丸亮)

 夫が購入を主張

 「手軽に使えるし、おもしろそうだ」。ヨドバシカメラマルチメディア梅田(大阪市北区)の調理家電売り場では、油を使わずに高温の空気で揚げ物を調理できるオランダの電機大手フィリップスのノンフライヤーの前で、夫が妻に購入を主張する姿が目立つ。

 同店の売り場担当者によると、調理家電は女性が中心購買層だが、家庭でそばやパスタなどの麺をつくれるフィリップスのヌードルメーカーや、茶葉を粉末状に砕いて栄養豊富なお茶を家庭で楽しめるシャープのティーメーカー「お茶プレッソ」など、機能を限定した高性能な一芸調理家電の売り場では男性の購入意欲が高いという。

こうした一芸調理家電市場を牽引するのはフィリップスだ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。