NEC、農薬使用量を4割削減 環境配慮の栽培手法を開発 (1/2ページ)

2014.11.17 06:10

実証実験でジャガイモ農場に設置したデイコムの土壌センサー=ルーマニア・ブラショフ

実証実験でジャガイモ農場に設置したデイコムの土壌センサー=ルーマニア・ブラショフ【拡大】

 NECは、オランダの情報システム開発会社デイコムと共同で、化学薬品の使用量削減など環境に配慮しつつ収穫量を最大化するITを活用した栽培手法を開発した。欧州や中東、アフリカに100ヘクタール以上の農場を持つ大規模農家を対象に販売を始める。

 ルーマニア中央部に位置するブラショフ市内のジャガイモ農場で今年4~9月に実証実験を行い、農薬や殺虫剤の使用量を1ヘクタール当たり最大40%削減した。形状が左右対称の高品質なジャガイモを大量に収穫できたという。

 実験では、デイコムのセンサーを使い、NECとデイコムがデータ分析を行った。

 デイコムの気象センサーと、水分量、地温を測る土壌センサーを農場に設置。24時間にわたって計測した環境データをインターネットを通じてコンピューター上で集約した。これらのデータを現地の気象予報や過去数年間の栽培履歴などのデータと照合し、肥料や殺虫剤の散布範囲や土壌の吸水量などを分析した。

「農家の収入拡大にもつながる」(NEC)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。