最新鋭「A350」が日本初飛来 エアバス、羽田で内覧会「騒音少ない」

2014.11.20 21:24

日本航空が発注しているエアバス社の最新鋭旅客機「A350XWB」の内覧会が行われ、機体や内部が報道陣に公開された。客室にはLED照明が完備され、167万種類の色を作り出せる=20日午後、東京・羽田空港(鴨川一也撮影)

日本航空が発注しているエアバス社の最新鋭旅客機「A350XWB」の内覧会が行われ、機体や内部が報道陣に公開された。客室にはLED照明が完備され、167万種類の色を作り出せる=20日午後、東京・羽田空港(鴨川一也撮影)【拡大】

  • 内覧会で披露されたエアバスA350-900の機内。照明が様々な色に変化する=20日午後、羽田空港
  • 内覧会で披露されたエアバスA350-900のビジネスクラスの座席=20日午後、羽田空港
  • 日本航空が発注しているエアバス社の最新鋭旅客機「A350XWB」の内覧会が行われ、機体や内部が報道陣に公開された=20日午後、東京・羽田空港(鴨川一也撮影)
  • 内覧会で披露されたエアバスA350-900のコックピット=20日午後、羽田空港
  • 日本航空が発注しているエアバス社の最新鋭旅客機「A350XWB」の内覧会が行われ、機体や内部が報道陣に公開された。エコノミークラスの座席の様子=20日午後、東京・羽田空港(鴨川一也撮影)

 欧州航空機大手エアバスは20日、長距離用の最新鋭旅客機「A350」の内覧会を羽田空港で開いた。A350は日本航空が最大56機(うち31機が確定発注)を購入する契約を昨年10月に結んでおり、平成31年から順次運航を開始する。

 お披露目されたのは、エアバスが保有する5機のA350のテスト機のうちの1機。17日にエアバス本社のある仏トゥールーズを発ち、韓国・ソウルをへて19日に羽田に着いた。A350が日本に飛来するのは初めてで、顧客となる航空会社の関係者らに乗り心地などを評価してもらうのが目的だ。今後はベトナムやタイ、マレーシアに飛ぶ。

 A350は胴体の長さに応じて3タイプあり、標準的な座席数は276~369席。軽量素材を採用するなどして、エアバスによると燃費効率は競合機より25%優れているという。今年10月時点で日航を含め世界39の航空会社から750機の確定受注があり、初号機は年末までに中東のカタール航空に引き渡される。

 この日は内覧会に先立ち、招待客や報道陣を乗せて約1時間かけて飛行。参加者からは「離陸時の騒音や振動が少なくて驚いた」と評価する声も上がった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。