ファストリがエボラ出血熱で1000万円寄付 西アフリカの子供を支援

2014.11.25 15:18

 カジュアル衣料「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは25日、エボラ出血熱感染拡大で影響を受ける西アフリカ諸国の子供たちの支援のために、1000万円の寄付を行うことを決めたと、発表した。

 ファストリでは、ユニクロでグローバルブランドアンバサダー契約を結ぶプロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手と共同で、子供の夢をかなえるための支援プロジェクトを発足し、10億円のファンドを設立している。この一部を今回のエボラ対策支援に活用する。

 ギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国を対象に、ユニセフを通じて実施する。感染予防の活動や、感染した子供の支援、親をエボラ出血熱で失った子供の保護や心のケアなどに活用する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。