「ビットコインの信頼回復に」 マウントゴックス破産支援の米社トップ…協力するも具体策は見えず (1/2ページ)

2014.11.26 21:12

小林信明マウントゴックス破産管財人弁護士(右)と握手を交わす、米ペイワード社が運営する世界大手ビットコイン取引所クラケンのジェシー・パウエルCEO=26日午後、東京都千代田区(蔵賢斗撮影)

小林信明マウントゴックス破産管財人弁護士(右)と握手を交わす、米ペイワード社が運営する世界大手ビットコイン取引所クラケンのジェシー・パウエルCEO=26日午後、東京都千代田区(蔵賢斗撮影)【拡大】

  • マウントゴックスの破産手続きを支援する、米ペイワード社が運営する世界大手ビットコイン取引所クラケンの(左から)宮口礼子日本業務代表、ジェシー・パウエルCEO、小林信明マウントゴックス破産管財人弁護士=26日午後、東京都千代田区(蔵賢斗撮影)

 大手取引所「クラケン」を運営する米ペイワードが、MTGOXの破産手続き支援に乗り出したことで、日本における仮想通貨「ビットコイン」の信頼回復に向けた取り組みは新たな緒に就く。ただ、ビットコインが再び輝く道筋にはまだ、課題も多い。

 「日本でのビットコインの信頼回復に役立ちたい」

 ペイワードのパウエルCEOは会見で、こう強調した。また、MTGOXの破産管財人を務める小林信明弁護士も、「非常に特殊な事業なので専門的知識を持つ企業のサポートが必要だ」と述べた。

 破産手続きに入ったMTGOXは、残った資産を特定し、債権者へ分配する作業など、会社の清算作業を進めている。ただ、債権者は世界中に散らばっているほか、紛失したとされるコインの行方などはまだ明確になっていない。

 クラケンは自社のサービスを活用し、債権者への資産配分や紛失したコインの特定などで協力するとみられる。ただ、具体的な手法についてパウエルCEOは「まだ決めていない」と言葉を濁した。具体的な信頼回復への道は不透明だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。