ホンダ、新型HV「グレイス」発売 リコール影響で1年ぶり投入 (1/2ページ)

2014.12.2 05:50

ホンダが発表したセダンタイプのハイブリッド車「グレイス」=東京都港区

ホンダが発表したセダンタイプのハイブリッド車「グレイス」=東京都港区【拡大】

 ホンダは1日、セダンタイプの新型ハイブリッド車(HV)「グレイス」の発売を開始した。小型車「フィット」でリコール(回収・無償修理)が相次いだことを受けて品質管理を強化したため、新型車の発売は約1年ぶり。セダンのHVでトップという低燃費を売りに巻き返しを目指す。

 グレイスは5ナンバーのコンパクトセダン。排気量1500ccのエンジンにモーターを組み合わせ、燃費はガソリン1リットル当たり34.4キロ。トヨタ自動車の「カローラHV」や「プリウス」より低燃費になった。

 価格は195万~240万9800円で、運転のしやすさやゆとりのある後部座席をアピールする。販売計画は月3000台。

「フィット」でリコールが相次ぎ、品質管理を見直した結果…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。