朝日新聞社の木村氏、社長辞任後の顧問就任取り消し 当初の「特別顧問」から二転三転

2014.12.5 13:00

 朝日新聞社は5日、臨時株主総会に先立つ臨時取締役会で、東京電力福島第1原発事故に関する「吉田調書」報道の記事取り消し問題などの責任をとって同日付で辞任した木村伊(ただ)量(かず)氏(61)の顧問就任を取り消すことを決め、臨時株主総会に報告した。

 木村氏の社長辞任後の役職については、同社は当初、11月14日に開かれた臨時取締役会で「特別顧問」に就任することを内定し、発表していた。しかし、同28日の取締役会で、役職を「特別顧問」から「顧問」に変更し、同社のホームページで報告。12月5日付で顧問に就任する予定になっていたが、5日の臨時取締役会で木村氏が顧問就任を辞退したという。

 産経新聞の取材に対し、朝日新聞社広報部は「詳細は、5日夕に開かれる記者会見で、お話できる範囲で説明したい」としている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。