ライバルが手出しできない「ルンバ」の強み ロボットメーカーの実力 (5/12ページ)

2014.12.20 17:16

 そこで、我々が設計をする時の検討事項として重視したのが、ロボットは人のように自分で家具を動かすことができないので、家具を動かさなくでも、ゴミのところまで行ける大きさにするということでした。その大きさ自体が、デザインの重要な要件だったのです。

 ■地雷除去に使われるアルゴリズムを採用

 もうひとつがロボットが部屋全体をくまなく掃除することができる、ということでした。そうでなければ、きちんと掃除できたとは言えないからです。では、どうやって掃除のエリアをカバーするのかということですが、『ルンバ』の場合、地雷除去に使うアルゴリズムを使っています。

 地雷除去のアルゴリズムに求められるものとは、地形に対する変数要素、あるいは推測要素を取り込むことができないどんな地形であろうと、どのくらい石があろうと、そこに行ってきちんと仕事をすることが求められるということ。それと同じアルゴリズムが『ルンバ』には搭載されており、部屋の状態がどうであれ、家具などが置かれていても、きちんと目的の場所に行けるようにしました。

『ルンバ』の場合は、障害物をきちんと乗り越えられるようにしていますし…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。