牛丼2社値上げ…すき家はどうする? ファミレスは高品質・高価格 (1/3ページ)

2014.12.17 17:45

 円安や原材料高が進む中、外食産業で価格見直しの動きが広がり始めた。牛丼大手の吉野家は17日、並盛を税込み380円へと80円値上げ。松屋もこれに先立ち、これまでより90円高い380円の「プレミアム牛めし」を発売し、実質的に値上げしている。一方、ファミリーレストランは、高品質で価格が高めのメニューを投入。4月の消費増税後に強まっている、「納得いくものにはお金を使う」という消費傾向をとらえるのが狙いだ。

 東京都千代田区の吉野家有楽町店。値上げされる午後3時の10分ほど前から、店頭で価格表示の張り替え作業が始まった。来店した中央区の飲食業の男性(48)は、「値上げ後の価格はちょっと高い。週2回くらい吉野家で食べていたが、回数が減るかも」と話していた。

 吉野家は今回、牛丼や牛カルビ丼などを30~120円値上げした。材料である米産牛肉の需給が、干魃(かんばつ)の影響などで逼迫して急騰し、企業努力で吸収できなくなったからだ。

すき家は、2社と同じ水準までの再値上げに踏み切るかに注目

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。