ホノルル・マラソン出場者も注目 ドコモのトレーニング支援サービス (1/2ページ)

2014.12.17 14:00

 米ハワイ州ホノルルで14日(日本時間15日)行われた第42回JALホノルル・マラソンの前に現地で開催された「ホノルルマラソンEXPO」にNTTドコモがブースを出展。大会本部でゼッケンを受け取った出場者らが立ち寄り、着ているだけで心拍数などが測定できる機能素材「hitoe」を活用したトレーニング支援サービス「Runtastic for docomo」に関心を示していた。

 「Runtastic for docomo」はオーストリアに拠点がある「Runtastic」とドコモが共同で開発した。「Runtastic」はフィットネスアプリの最大手で、全世界で1億ダウンロード、ユーザーは4500万人に上る。「Runtastic for docomo」では、ランニングやウォーキング向けの「Runtastic」、ロードバイク走行時の計測を行う「Runtastic Road Bike」のほか下半身強化、腕立て伏せなど合わせて6種類のアプリとアプリ内の30のトレーニングプランが月額350円(税抜き)で利用できる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。