サムスン、長男の会長昇格に布石 持ち株会社の上場で地盤固め 日本企業に影響も (4/4ページ)

2014.12.19 07:17

最近の韓国サムスングループの主な動き

最近の韓国サムスングループの主な動き【拡大】

 またグループにおける在鎔氏の権力基盤を確固たるものにするため、調達した資金を今後、成長が期待される半導体や自動車、バイオ事業などに投入し、収益拡大を狙うのではないかとの観測もある。

 ただ、韓国当局は財閥グループ各社の株式持ち合い構造に対して、監視の目を強めているとされる。李一族がグループ主要企業の株式をあまり保有していないにもかかわらず、グループ70社を支配する構造に強い関心を寄せていると伝えられる。

 さらに、サムスンの経営環境は厳しい状況にある。サムスン電子の7~9月期連結決算は中国のスマートフォンメーカーの躍進もあり、営業利益が前年同期比60%減に落ち込んだ。この苦境をどう立て直すのか。在鎔氏はリーダーとしての真価を問われる課題に直面している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。