“自撮り”で超便利! 話題の「セルフィースティック」を試してみた (1/5ページ)

2014.12.20 17:20

【一条真人の検証日記】

 スマホで自分自身を撮影することを「セルフィー」(自撮り)などといい、海外でも注目されている。そして、この“自撮り”をより便利にする「セルフィースティック」と呼ばれるアイテムが世界的な人気となっている。

 海外の人気雑誌『Time』にも「今年の発明品ベスト25」に入っているぐらいだから、そのインパクトの大きさがわかる。ちなみに、他にセレクトされているアイテムには、アップル『Apple Watch』などがあり、“本気”で選ばれたことがわかる。

 この「セルフィースティック」がどういうものか、知らない人のために、簡単に説明しよう。基本的には、伸縮可能なスティック(一脚?)の先端にスマホを装着し、撮影者から離れた位置で撮影できるというもの。Bluetoothリモコンでスマホを操作し、シャッターを切るのが一般的な使い方だ。

 ちなみに、セルフィースティックというのは商品名ではなく製品の総称だ。異なるタイプの製品もいくつかあり、製品によってはスティック自体にシャッター機能を搭載しているものもある。ちなみに僕は、数か月前、前者の分離型セルフィースティックをAmazonで購入したのだが、正式な商品名は『TARION スマートフォン用 Bluetoothシャッターリモコン 一脚モノポッド スマホホルダー 3点セット』だった。

自分1人でも撮影できるのがこの商品の特徴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。