“自撮り”で超便利! 話題の「セルフィースティック」を試してみた (3/5ページ)

2014.12.20 17:20

 伸ばすと長さは1mぐらい。

 ■セットアップの方法は?

 付属のBluetoothリモコンは、「iOS」と「Android」に対応しており、それぞれシャッターボタンを持っている。ペアリングは普通のBluetooth機器と変わらないので簡単だ。Bluetoothユニットのスイッチを入れて、スマホのBluetooh設定でデバイス「BT 3.0 Shutter」を選択するだけでOK。

 リモコンのBluetoothユニット。

 ■使ってみた感想は?

 まず、このスティックは伸ばすと長くなるが、畳めば普通のカバンに余裕で入る長さとサイズなので、日常的に持ち歩けるところがいい。リモコンもコンパクトなので、ポケットに入れておいてもあまりじゃまになることはないだろう。実際の撮影では、スティックが1mほどの長さがあるため、かなり引いた場所から撮影できるようになり、背景をしっかり入れて撮影することができる。使ってみると、かなりこのメリットは大きい。

 また、『iPhone 5s』などの一般的なインナーカメラでは普通に撮影した場合、自分を含め、2人ぐらいしかフレームには入らないが、この「セルフィースティック」を使えば、より多くの人を同時に撮影できそうだ。撮影の自由度が予想以上に広がるのは楽しい。

「セルフィースティック」を使うと背景までしっかり入る

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。