もう手放せない? 「iPhone6 Plus」をバイクナビに変えてみた! (1/10ページ)

2014.12.21 17:08

【製品レビュー】

 『iPhone6Plus』は画面が見やすくて最高。私はほとんど携帯電話を使わないので大きすぎて不便と感じたことはない。もともと「WOT」の操作性アップのために機種変したので満足なのだ(強い人、私を小隊に入れて下さい! アカウントはGON_K)。それはさておき、この画面の広さはバイク用ナビを凌駕している。しかも、「Googleマップ」のナビゲーション機能も優秀! これをコックピットに装着すればBluetooth音声ガイド対応ナビが完成する。

 一番の問題は防水性だ。バイク用のナビがコストアップを強いられた原因が防水仕様。『iPhone6Plus』を防水ケースに入れて使うという方法もあるが、さらなる問題も発生する。充電ケーブルが接続できない。タッチパネルが使えなくなる可能性が高い。視認性の低下、装着方法が限定される。これらのデメリットを考えると防水はとりあえず諦めて、雨が降ってきたら、『iPhone6Plus』を外すことに決定。

 ■STEP 1

 最初の課題は、どうやってバイクにマウントするか。私のマシンはネイキッドでアップハンドルなのでハンドルクランプもできる。しかし、セパハンだと難易度が上がる。大抵のバイク乗りなら、アクションカムを取り付けるために「RAMマウント」を使っていると思う。私もRAMマウントでSONY『NAV-U』をバイク用に使っていた。

北海道の秘湯100個所以上を入力したのだが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。