LCC、エアアジア再参入で5社“空中戦” 運賃設定や国際線進出がカギ (6/6ページ)

2014.12.25 07:02

 国内LCCが5社体制となる15年の展望について、SMBC日興証券の板崎王亮シニアアナリストは「国内線だけの運航で利益を得ていくのは難しくなる。国際線にいかに進出し、増加する訪日外国人客らを取り込めるかが重要になる」と指摘。その上で「ちょっとした戦略の違いで収支が変わりかねない。運賃設定や路線展開、広告宣伝など多岐にわたる分野で難しいかじ取りが求められる」と予想する。

 最後に、航空業界に伝わる不吉なジンクスを紹介しよう。来年の干支(えと)は「未(ひつじ)」。未年には過去、1991年の湾岸戦争、2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)拡大など航空業界に大きなダメージを与える出来事が起きている。

 激烈な競争となりそうな国内LCCにとって、15年はどんな一年になるのだろうか-。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。