ダイエー株あす上場廃止、きょう最後の取引も値下り 元日にはイオン完全子会社に (1/2ページ)

2014.12.25 15:12

ダイエーの株価の今年の推移

ダイエーの株価の今年の推移【拡大】

  • 平成18年2月期中間決算発表で同時に新しいダイエーのロゴも発表された

 ダイエーが来年1月1日付でイオンの完全子会社となるのに伴い、東京証券取引所第1部で26日に上場廃止となるダイエー株の最後の取引が25日行われ、2円安の134円で取引を終えた。昭和46年に旧大阪証券取引所に、翌47年に東証にそれぞれ上場して40年あまり。バブル経済の最盛期は株価が1株3千円台に乗せたが、行き過ぎた拡大主義による経営悪化や株式分割などもあり、足元では130円前後で推移。紆余曲折を経て株式市場から姿を消す。

 ダイエーの25日の株価は前日終値比1円高の137円で始まり、小幅な値動きとなった。

 昭和32年に創業したダイエーは「価格破壊」を掲げて店舗網を拡大。55年には小売業で初となる売上高1兆円を突破し、バブル最盛期の平成元年ごろには株価は3千円を超えることもあった。

 だが、過剰投資などで経営が悪化し、産業再生機構入りを経て丸紅とイオンが再建に乗り出し、25年にはイオンがダイエーの筆頭株主となった。このころの株価は300円前後で、さらに今年8月27日に1株を2株に分割(効力発生日は9月1日)したことで130円台にまで下落していた。

 9月24日にイオンの完全子会社化を発表後、10月17日にはイオン株997円、ダイエー株114円とともに年初来安値に。ダイエーを含むイオンの国内戦略が不安視されたとみられる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。