部品メーカーのミャンマー進出加速 韓国・台湾勢との競争激化…安価で優秀な人材確保へ (1/5ページ)

2015.1.6 07:03

 民主化が進むミャンマーで、日本企業の進出が加速している。他のアジア諸国に比べて安価な労働コストが吸引力となっているのに加え、今年は日本とミャンマーが官民挙げて開発を進めているティラワ経済特別区(SEZ)が本格稼働するからだ。今年末には、ヒト、モノ、カネの移動の自由を推し進めるASEAN経済共同体(AEC)発足を控える。ミャンマー政府は、ハイテク関連産業の誘致に力を入れており、競争力強化を狙う電子部品や自動車部品メーカーなどの動きが目立つ。

 安価な人件費魅力

 電子部品メーカーの新藤電子工業(東京都墨田区)は、最大都市、ヤンゴンに現地企業と合弁会社を設立し、5月から量産型の液晶パネル用フィルム基板を生産する。

 新藤電子は、同基板を生産する唯一の日本メーカー。ライバル関係にある韓国、台湾メーカーとの競争は激しさを増しており、勝ち抜くには人件費の安い海外での生産が絶対条件となっていた。中国・上海にあった工場を撤退した過去を踏まえて慎重に議論を重ねた結果、再進出先として白羽の矢を立てたのがミャンマーだ。

人件費を抑制しながら優秀な従業員を雇用

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。