【ウエスト・サイド・エコノミー】「言論の自由」追い風ならず (1/3ページ)

2015.1.19 05:00

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントのスタジオ=米カリフォルニア州カルバーシティ(AP)

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントのスタジオ=米カリフォルニア州カルバーシティ(AP)【拡大】

 ■ソニー映画 興収目標は未達

 フランスの風刺週刊紙の本社が銃撃された事件を受け、「言論の自由」がクローズアップされている。米国でも昨年末、ロサンゼルスに本社を置くソニー・ピクチャーズエンタテインメント(米国、SPE)がハッカー攻撃やテロ予告を受けて、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺を謀るコメディー映画「ザ・インタビュー」の公開を見合わせるかが議論を呼んだ。「言論の自由」の声に押される形でSPEは映画を部分公開し“話題作”となったが、一連の騒動は果たしてプラスに作用したのだろうか。

 ロサンゼルス・ビバリーヒルズのホテルで今月11日、米アカデミー賞の前哨戦とされる「ゴールデングローブ賞」の授賞式が行われた。ザ・インタビューは、どの部門にもノミネートされていなかったが、司会者は冒頭から「この授賞式で紹介するのは、北朝鮮から『OK』が出た作品のみ」「攻撃によって、逆にあの映画を見たくなった」などと冗談交じりに紹介し、会場を大いに沸かせた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。