航空各社、燃料節約に知恵 原油安でも取り組み強化 (2/5ページ)

2015.1.19 06:38

全日本空輸によるエンジン洗浄作業。燃費性能を1%高められる

全日本空輸によるエンジン洗浄作業。燃費性能を1%高められる【拡大】

 洗浄にはエンジン1基当たり4時間を要するが、燃費効率は1%高まる。1%といってもばかにできない。東京-ニューヨーク間では片道でドラム缶約5本、全日空全体では年間1万7500キロリットルの節約となり、CO2削減量は4万3000トンに及ぶ。

 洗浄は、運航への影響が少ない夜間に行うのが望ましい。ただ気温の低い夜間に行えば、水が凍ってエンジンを傷めかねない。気温が5度以下だと作業は不可能になるため、冬場にはほとんど行えなかった。

 そこで同社は、水に特殊なアルコール系の薬剤を混ぜる手法を編み出し、マイナス5度以下でも作業できるようにした。

 これまで冬場の夜間における洗浄は羽田空港のみで行ってきたが、今シーズンから成田、中部空港にも拡大した。

 全日空は昨年4月、各部門の社員約60人が参加する社内横断組織「燃費節減プロジェクト」を3年間の予定で始動。今回のエンジン洗浄も、このプロジェクトで実施を決めた。

燃料使用には飛行ルートも大きく影響

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。