【トヨタ世界販売】台数追わず、収益性でVW引き離す 販売台数前年割れも収益強化へ

2015.1.21 21:37

 世界販売首位の座から転落する可能性が高まったトヨタ自動車だが、収益性では依然、独フォルクスワーゲン(VW)を引き離す。超円高に見舞われる中も、コスト削減など地道な取り組みを続けてきたからだ。2013年度から3年間凍結している工場新設の解除も視野に入れるが、規模拡大に頼らずに成長を持続する戦略を鮮明にしている。

 昨年の世界販売でトヨタを9万台差まで追い詰めたVW。ただ、売上高営業利益率は6.4%(1~9月期)にとどまり、10.4%(4~9月期)のトヨタに水をあけられている。「ポルシェ」や「アウディ」など高級ブランドは別として、主力のVWブランドの利益率が低く生産や開発コストが重荷になっている。

 トヨタはリーマン・ショック後に赤字に転落して以降、コスト削減や投資の効率化を徹底。既存設備を最大限活用することで、工場稼働率はグローバルで約9割まで高まった。

 15年の販売台数について、トヨタは前年割れを見込んだが、収益強化の手を緩めるわけではない。

 原油安を受け、利益率の高い大型車が人気の米国については、今月の北米国際自動車ショーでもピックアップトラック「タコマ」の新型車を公開、秋に投入する。アジアなど新興国向けでも戦略車「IMV」の全面改良を予定している。

 証券アナリストは「台数と収益性は直結しない。VWがトヨタを抜くのは当分難しいのではないか」と指摘する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。