トヨタ世界販売1015万台 2015年計画 前年割れ、首位陥落も (1/2ページ)

2015.1.21 21:40

 トヨタ自動車は21日、2015年の世界販売台数(ダイハツ工業と日野自動車含む)を1015万台とする計画を発表した。過去最高だった14年(1023万台)を下回る。前年割れになれば東日本大震災のあった11年以来4年ぶり。14年は3年連続の世界一を維持したが、15年は独フォルクスワーゲン(VW)に抜かれる可能性がある。

 15年の世界販売計画の内訳は、国内が前年比9%減の210万台、海外が2%増の806万台。国内が前年を下回るのは、消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減に加え、15年はエコカー減税の基準厳格化や軽自動車税の引き上げが予定されているためだ。グループではトヨタが7%減の145万台、ダイハツが15%減の60万台を見込んだ。

 海外は、トヨタがブラジルで7%減の18万台を見込んだが、好調な米国は3%増の244万台、成長スピードが鈍化する中国も7%増の110万台と増える。

 一方、15年の世界生産は1%減の1021万台(国内397万台、海外624万台)を計画した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。