外食業界の明暗くっきり ココイチ、吉野家、サイゼリヤなど活況 マックやすき家は不振続く (3/4ページ)

2015.1.22 13:42

  • 都内のマクドナルド

 対照的に、日本マクドナルドやゼンショー傘下の牛丼チェーン「すき家」は不振が続く。マックの全店売上高は昨年2月以降11カ月連続で前年割れ。一昨年からの販売不振に加えて、昨年7月下旬には中国委託先工場での期限切れ鶏肉問題が発覚して翌8月には25.7%も落ち込んだ。回復が期待された12月には人気商品のポテトで原料調達が不足し販売に制限がかかり、下げ幅は再び20%を超えた。今年に入って異物混入という新しい問題も相次ぎ起きている。消費者の信頼を失うトラブルやミスが相次ぎ、回復には時間がかかりそうだ。

 ゼンショーHD傘下の牛丼チェーン店「すき家」は、いわゆるブラック勤務問題を受けて、10月から深夜の1人勤務を取りやめた。増員できない約6割の店舗は深夜営業を中止、閉店した店もある。全店売上高は4-9月平均で3.1%減。10月と11月は下げ幅が7%超へと拡大、12月も4%減だった。

「秋以降は業況感がわかりにくい」(事務局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。