外食業界の明暗くっきり ココイチ、吉野家、サイゼリヤなど活況 マックやすき家は不振続く (4/4ページ)

2015.1.22 13:42

  • 都内のマクドナルド

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービスも、直営店既存店売上高が昨年6月以降は7カ月連続で前年割れしている。10月値上の影響もある。

 業界団体の日本フードサービス協会によると、全店売上高は、6月から10月まで前年割れしたが、11月にはプラスに転じた。マックなどの影響が大きいことは明白だが、最近は業態ごと、会社ごとに動向がまちまちという。「消費税増税の影響は小さいはずだが、特に秋以降は業況感がわかりにくい」(事務局)という。各社とも”自力本願”の状態がしばらく続きそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。