【PC Watch】米MS、4K対応84型の巨大端末「サーフェス・ハブ」発表 (1/3ページ)

2015.1.26 05:00

米マイクロソフトが発売予定のウィンドウズ10端末「サーフェス・ハブ」

米マイクロソフトが発売予定のウィンドウズ10端末「サーフェス・ハブ」【拡大】

  • 付属のデジタルペンでホワイトボード代わりにアイデアを書き込める

 米マイクロソフトは21日(現地時間)、ウィンドウズ10に関する説明会を開催。この中で、企業での遠隔会議や共同作業に特化した84型4K表示対応ウィンドウズ10端末「Surface Hub(サーフェス・ハブ)」を発表した。ウィンドウズ10と同時期の2015年後半に発売される。

 ◆ビジネス向けに特化

 ウィンドウズ10は当初からPCのみならず、5型級のスマートフォンから80型級の電子ホワイトボード、あるいは画面を持たないIoT向けまであらゆるサイズの端末への搭載を念頭に開発されている。ウィンドウズ端末は(今では元ノキアのスマートフォンもあるが)サーフェスシリーズを除きOEMメーカーが開発を手がけるが、新たにファーストパーティ端末として80型クラスという際立ったサイズで、かつ用途もビジネスに特化した新端末が登場することとなる。

 サーフェス・ハブは見た目は大型TVと変わらないが、中身はPCで、タッチセンサー、人感センサー、カメラ、スピーカー、マイク、Wi-Fi、ブルートゥース、NFCなども搭載。また、OSはウィンドウズ10だが、UIもカスタマイズされている。

 手動で電源を入れる、あるいは近寄ると自動的に電源が入るが、スタート画面に表示されるのは時計と、Skype、ホワイトボードアプリ、PCとの接続アイコンと、直近の予定表くらいで非常に簡素。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。