スカイマーク、再生法申請へ 自主再建断念、当面の運航継続 (1/2ページ)

2015.1.29 05:20

羽田空港内を移動するスカイマーク機。業績悪化で経営が行き詰まった(ブルームバーグ)

羽田空港内を移動するスカイマーク機。業績悪化で経営が行き詰まった(ブルームバーグ)【拡大】

 業績不振に陥っていた国内航空3位のスカイマーク28日、自力での経営再建を断念し、東京地裁に民事再生法の適用を申請する方針を固めた。当面の運航は継続する方針。今後は支援企業を探し、経営の立て直しを目指す考え。国内の航空会社の経営破綻は、2010年に会社更生法の適用を申請した日本航空以来、約5年ぶりとなる。

 負債総額は、超大型機「A380」の売買契約解除をめぐって欧州エアバスから求められている7億ドル(約820億円)の違約金などを加えると、1000億円を超すとみられる。

 スカイマークは、急激な円安に伴う燃油費の増加や格安航空会社(LCC)との競争激化などで経営が急速に悪化し、15年3月期の最終損益は136億円の赤字になると予想していた。さらに最近は搭乗率が低下傾向にあり、昨年から進めてきた国内外の投資ファンドからの出資交渉も難航し、足元の資金繰りに行き詰まった。

28日夜には臨時取締役会を開催

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。