スカイマーク、再生法申請へ 自主再建断念、当面の運航継続 (2/2ページ)

2015.1.29 05:20

羽田空港内を移動するスカイマーク機。業績悪化で経営が行き詰まった(ブルームバーグ)

羽田空港内を移動するスカイマーク機。業績悪化で経営が行き詰まった(ブルームバーグ)【拡大】

 28日夜には臨時取締役会を開催。民事再生法の申請が受理されれば、裁判所が選任する弁護士とともに支援企業を選定し、経営再建を目指す方針だ。

 スカイマークは格安運賃で大手に対抗して業容を拡大させ、独立経営を貫いてきた。しかし業績の悪化で苦境に陥ったため、日航と全日本空輸の大手2社と共同運航を行い、収益改善を図る計画を打ち出していた。

【用語解説】スカイマーク

 規制緩和を受けて新規参入した航空会社の第1号。エイチ・アイ・エス(HIS)が中心となって1996年11月に設立され、初路線の羽田-福岡間の運航を98年9月に始めた。「大手の半額運賃」を掲げ、国内航空業界に価格破壊をもたらした。現在は羽田空港発着を中心に国内27路線を運航している。本社は東京都大田区、従業員数は約2200人。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。