KDDI、家族シェアより「回線ごとの割引」 ドコモ光パックに対抗…スマートバリューアピール (1/2ページ)

2015.1.29 22:02

 NTTドコモは29日、2014年4~12月期連結決算発表に合わせて3月スタートの「ドコモ光パック」の詳細を明らかにした。家族でデータ容量を分け合うシェアパックをアピールするドコモに対し、2012年3月に「auスマートバリュー」で携帯電話と光回線を組み合わせた“セット割”を先行して始めたKDDIは、1回線ごとに割引が受けられることで割引額が大きくなる点をアピールする。

 KDDIは「一人ひとりにぴったりの料金プランがある。ドコモとは考え方が違う」(広報)と反論する。ドコモは「家族でパケットを分け合えるのでかなり自由に設計できる」とお得感を前面に打ち出していた。

 KDDIが反論の具体例として挙げたのが、15GBを家族3人でシェアした場合だ。ドコモ光パックは“セット割”でプラン分の1800円しか割り引かれないが、auスマートバリューなら1回線につき1410円の割引が人数分だけ受けられるので計4230円の割引額になる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。