グーグルグラスよ…安らかに眠れ 「夢のIT機器」が抹殺された理由 (5/6ページ)

2015.2.1 07:05

華々しく登場したものの、盗撮による個人のプライバシー侵害リスクなどにさらされ、テスト版が発売中止となったグーグルグラス…(AP)

華々しく登場したものの、盗撮による個人のプライバシー侵害リスクなどにさらされ、テスト版が発売中止となったグーグルグラス…(AP)【拡大】

  • ブッシュ米大統領から贈られた電動2輪車「セグウェイ」で首相官邸に向かう小泉純一郎首相=平成17(2005)年12月16日(代表撮影撮影)

 実際、自分の眼前の光景が音声操作で録画できるとあって、米では盗撮防止を理由に着用を禁止する飲食店などが続出したほか、着用中の自動車運転も交通違反との指摘が。英国でも昨年、開発者向けに1000ポンド(約17万8000円)で発売されたのですが、映画館では英米とも館内での着用を一斉に禁止しました。

 さらに、以前の本コラムでご紹介しましたが、昨年10月には、グーグルグラスを毎日長時間使い続けて心身に異常をきたし、遂には「依存症」となった男性まで登場し、物議を醸しました。

 そのため、米調査会社フォレスター・リサーチの最近の調査では、米国の成人の50%が、実物を見ていないにも関わらず、プライバシーを侵害する機器だと認識しているとの結果も出ています。実際、米ネットオークションのeBay(イーベイ)では定価の半額で出品されており、多くの消費者は関心を失っています。

 というわけで欧米主要メディアの報道は、いまのグーグルグラスは2度と市場に現れることはないとの論調で一致していますが、個人的に一番面白かったのは、17日付の英高級紙インディペンデント(電子版)の記事です。

結局、忘れ去られた5つの発明を紹介

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。