百貨店4社の1月売上高は3社が前年割れ 消費増税いぜん影響大きく

2015.2.2 19:43

 百貨店大手4社が2日発表した1月の売上高速報は、既存店ベースで三越伊勢丹を除く3社が前年実績を下回った。訪日外国人客向けの免税売り上げや富裕層向けの高額品は好調だったが、昨年4月の消費税増税の影響がいぜん全体を押し下げている。

 三越伊勢丹は、前年同月比0・4%増と7カ月連続でプラスを確保。訪日客向けが好調な三越銀座店など、主要3店が全体を押し上げた。ただ、消費増税前に駆け込み需要が顕著だった家具など一部の商品では、反動減による落ち込みもみられた。

 高島屋は1・4%減で2カ月連続マイナス。訪日客向けの免税品や宝飾品、時計などの高額品は大きく伸びたが、ブランド物バッグなどは消費税増税前の駆け込み反動で減少。冬物セールも低調だった。

 J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は1・3%減で5カ月連続のマイナス、そごう・西武は1・6%減と3カ月ぶりのマイナスだった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。