一攫千金狙えるLINEスタンプ 「1作品目でこんなに売れるとは…」 (1/7ページ)

2015.2.8 07:08

【IT HACKS】

 誰でもLINEスタンプを制作し、販売できる「LINE Creators Market」。2014年5月8日からスタートし、開始からわずか3か月でスタンプの販売総額は12.3億円を突破。販売額の上位10位のスタンプ平均販売額は2230万円を記録し、話題を集めている。また、世界120か国以上のクリエイターが参加し、登録クリエイターの数は15万人を超え、一攫千金を狙って日々トップクリエイターをめざす人たちが増えている。

 このプラットフォームが誕生したことにより、これまでの企業主体のLINEスタンプには見られなかった、バラエティー豊かな「クリエイターズスタンプ」が数多くリリースされ、マーケット自体の活性化につながっている。そんな激戦区の中で、トップクリエイターはどんな発想で、どんな手順を踏みながら、人気のスタンプを作ることに成功したのか? 

 そこで、笑える煽りスタンプ「鉛筆イラスト」が大人気となっているスタンプクリエイターのナナホシさんに、ヒット作品を生み出すことができた理由について、お話を伺いました。一攫千金を目指している方は、必読です!

ふだん、どんなお仕事をされていますか? ご年齢は?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。