【Predictive analyticsフォーラム2014】(2-2) (1/6ページ)

2015.2.10 05:00

 ≪パネルディスカッション≫“プレディクティブアナリティクス”の実践と課題

 <モデレーター>

 □VALUENEXコンサルティング代表取締役CEO VALUENEX,Inc.President 中村達生氏

 <パネリスト>

 □創成国際特許事務所所長(元日本弁理士会会長) 佐藤辰彦氏

 □東京大学政策ビジョン研究センター教授・センター長 坂田一郎

 □電通国際情報サービス金融ソリューション事業部金融事業戦略部VCF グループVCFエバンジェリスト 江上広行氏

 □データアーティスト代表取締役社長 山本覚氏

 □エルゼビア・ジャパン Academic Relations Director,Japan/APAC アンデーシュ・カルソン氏

                   ◇

 パネルディスカッションは、特許情報、学術論文情報、放送・電子メディア情報や企業財務情報など各分野の情報を用いて、予測解析技術による意思決定支援、戦略的支援などを実践する各界有識者が議論を展開した。

 ■到来するデータ洪水時代

 中村 2020年には世界中で45ゼタバイトに達する洪水のようなデータ量をどう扱っていくか。一般に情報を読むから見るに換えると時間は80分の1にできる。仮説だが専門家が読む10万件の燃料電池資料はビッグデータ可視化技術を使えば320分の1の二乗の時間で解析できる。データハンドリングはグローバル競争時代の重要要素となる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。