「仕事の教科書」出版、人生切り開く力に 秀實社・高橋秀幸社長 (1/2ページ)

2015.2.10 05:00

 主に大学生を対象とした、若者の働く意識を育む「次代人財養成塾 One-Will(ワンウィル)」を運営する秀實社の高橋秀幸社長が、働くために必要となる基本を一冊にまとめた『仕事の教科書』(KADOKAWA刊、税別1400円)を出版した。One-Willの塾頭として高橋氏が学生に伝えている内容を凝縮した本で「自分の手で自身の人生を切り開いてほしい」という願いを込めたという。

 --出版した背景は

 「多くの若者が社会に役立つための力、仕事の基本をどう身に付けていいのか分からずに迷っている現状がある。決して若者に学ぶ意欲がないわけではない。学び方が分からないだけだ。仕事の基本を身に付けていないと、仕事への意欲もわかない。これは社会問題だ。われわれはその解決に取り組んでいる。出版もその一環だ」

 --対象とする読者は

 「就職を目指す大学生や、入社して間もない20代の若者を念頭に置いた。読むだけでなく、考えたり、書いたりという作業も盛り込むなど、読者の血肉となるように工夫をした。60日間、スポーツのトレーニングのように取り組めば、将来像の描き方、自己管理の手法などの仕事の基本が、どんな人でも身に付く。トレーニングのマニュアルだ」

 --直接、学生の指導もしている

 「One-Willで指導している。ここでは著名経営者を招いた講演、職場体験、社会人としてのマナーなど多くのプログラムを提供している。私は塾頭として、仕事の基本を伝えている。『仕事の教科書』もその内容をまとめたものだ」

 --学生を指導して気付くことは

 「話していることと、実際に考えていることの違いに気付くことがある。それは自分の考えを持ちながら、言葉や行動で出していないということだ。おそらく他人との衝突を避ける自衛策なのだろう」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。