アジア開拓へ新卒外国人確保 人材サービス会社、インドネシア大で日本語講座 (2/5ページ)

2015.2.12 06:44

 優秀な受講生たちが最も反応したのは「雇用契約は何年間ですか」という問いに対する答えだった。「みなさんが60歳になるまでです」と人事担当者が告げると「おおーっ」と、どよめきが起こった。終身雇用が一般的ではないインドネシアの学生にとって、このうえなく魅力的に感じたようだ。

 インドネシアでは大学や学部によって卒業時期が異なり、日本のように一定の就職活動期間は存在しない。公務員や国営企業、銀行などが就職先として人気が高く、日本と同様に安定性を重視する傾向にある。

 日本の給与体系では新卒者は横並びの賃金でスタートする。これを敬遠し、欧米企業の門をたたくケースもあるが、親日国でもあることから日本企業を志望する学生は少なくない。受講者の一人は「父が日系企業で働いており、社員を大切にしていると感じた。日本人の仕事ぶりは尊敬できる」と語る。

インドネシア大工学部は国際化に力を入れる方針を掲げ、日本語を学ぶプログラムを導入…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。