春闘労使交渉開始 ベア 中小・非正規への波及が焦点 (1/2ページ)

2015.2.18 22:13

春闘で経営側に賃金改善を要求し記者会見する全トヨタ労働組合連合会の金子晃浩事務局長=18日、愛知県豊田市

春闘で経営側に賃金改善を要求し記者会見する全トヨタ労働組合連合会の金子晃浩事務局長=18日、愛知県豊田市【拡大】

 平成27年春闘で前年を大幅に上回る6千円の賃金改善(ベア)要求で足並みをそろえた自動車大手の労働組合は、好調な業績や政府の賃上げ要請を追い風にベア実施を強く求める。一方、経営側からもベア容認の声があがるが、水準をめぐっては温度差がある。裾野が広い自動車産業の動向は日本経済に影響を与えるだけに、非正規従業員や中小企業にどこまで波及するかが焦点になる。

 「6千円は物価上昇、社会的影響、日本経済への寄与を考えた。労使の議論ですれ違うことはないと考えている」

 全トヨタ労働組合連合会の金子晃浩事務局長は18日の会見で強調した。

 自動車大手8社は昨年、要求額が4千円と3500円でばらついた。今回6千円で各社の足並みが揃ったのは、「ベア実施に力を入れすぎた結果、引き上げ幅が小幅で、中小などへの広がりを欠いた」(大手労組幹部)昨年の反省を踏まえた。

 非正規従業員への対応も強化した。自動車総連によると、非正規は19万8千人に上り、全体の約2割を占めている。

 トヨタ自動車労組は非正規の期間従業員の日給を300円引き上げるよう要求、月額で6千円程度の賃上げに相当する。具体額を明示しなかったマツダ労組なども正規従業員に応じた比率で賃上げを求めた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。