食品メーカー、2~4月に相次ぎ値上げ 急激な円安「自助努力に限界」 (2/3ページ)

2015.2.18 06:39

 昨年12月の日銀短観によると、食品メーカーが想定する2014年度の円相場の為替レートは1ドル=105円01銭。だが、今月11日に1ドル=120円台を一時付けるなど、実際には日銀による大規模な金融緩和などを背景に想定を超える円安水準で推移している。

 さらに「消費税増税後に落ち込んだ食品需要が10~12月ごろに持ち直してきたことも、値上げの決断を後押ししている」(SMBC日興証券の宮前耕也シニアエコノミスト)という。

 13日にはエスビー食品がカレー、シチューなど家庭用の即席製品を5月1日から約8%値上げすると発表。「食品メーカーは基本的に横並び意識が強い」(大手証券エコノミスト)ため、今後も値上げの動きが続く可能性がある。

2~4月に予定されている主な食品の値上げ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。