東芝、コロンビアの電力会社と地熱発電所開発で合意

2015.2.18 12:45

 東芝は18日、コロンビアのイサヘン電力と発電出力50メガワット級の地熱発電所の開発協業で合意したと発表した。今回、イサヘン電力、西日本技術開発、米油田サービスのシュルンベルジェと4社間で開発協業に向けて覚書を締結した。イサヘン電力が開発予定のカルダス県ピジャ・マリア市の地熱発電所で、4社共同で事業化調査(FS)や建設、運転に取り組む。

 コロンビアの主要電源は水力発電で地熱発電所の開発は同国で初めてとなる。西日本技術開発が全体のエンジニアリングとFSを担当。FSは2年間にわたって行われる。その結果を受けて、実現可能となれば、2020年の運転開始を目指して建設を開始する。

 東芝が発電所の建設と蒸気タービン、発電機などの主要機器の供給、シュルンベルジェが蒸気を発生する井戸の掘削と蒸気輸送設備の供給を担当する。

 コロンビアは二酸化炭素の排出量を削減できる地熱発電の導入に力を入れており、東芝は世界で培ったノウハウを提供し、現地での事業拡大を目指す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。