日本郵政、豪物流大手を買収 ゆうちょ銀は株式投資拡大、上場前に成長描く (1/2ページ)

2015.2.18 19:03

西室泰三社長

西室泰三社長【拡大】

 日本郵政は18日、オーストラリアの物流最大手、トール・ホールディングスを買収すると発表した。約65億豪ドル(約6000億円)で全発行済み株式を6月上旬に取得する。日本郵政として過去最大の買収となる。日本郵政の西室泰三社長は東京都内で記者会見し、「事業を相互に補完できる最高のパートナーだ」と述べ、日本郵便の成長に不可欠な投資との認識を示した。今年秋ごろを計画している株式上場をにらみ成長戦略を加速。ネット通販の分野などで海外事業を拡大する狙いだ。

 トール社は特にアジア地域での企業間物流に強みがあり、年間売上高は約8000億円。日本郵政は買収でアジアの国際的な物流網を充実させ、欧米の競合企業に対抗したい考え。傘下の日本郵便の郵便事業を含めた物流業務関連の年間売上高は約1兆7000億円で、今回の買収により約1・5倍の約2兆5000億円規模に拡大し、現在の世界8位から5位に浮上する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。