米当局、タカタに圧力強める 原因究明、非協力的姿勢にいらだち (1/2ページ)

2015.2.23 06:20

 日本の自動車部品メーカー、タカタ製のエアバッグのリコール(回収・無償修理)拡大をめぐり、米運輸当局がタカタへの圧力を強めている。米当局は欠陥の原因究明に対するタカタの非協力的な姿勢にいらだっており、議会からの批判も再燃している。

 米道路交通安全局(NHTSA)は20日、タカタが調査に全面協力するまで、同日から1日当たり1万4000ドル(約166万円)の罰金を科すと発表。NHTSAによると、タカタはNHTSAに対して240万ページ超の「大洪水のような書類」を提出しているが、内容についての説明に応じていないという。

 タカタは同日、調査に全面的に協力していないとの指摘について「強く反対する」とする声明を発表。すでに提出した書類に加え、NHTSAの命令に応じた書類を作成中だとした。

「タカタは可能な全てのことを直ちに実施せねばならない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。