最高峰レース復帰や若手育成 ヤマハ発・スズキ、モータースポーツ再び

2015.3.6 22:11

今期のレース車両にまたがるヤマハ発動機のライダーら=6日午後、東京都千代田区

今期のレース車両にまたがるヤマハ発動機のライダーら=6日午後、東京都千代田区【拡大】

 ヤマハ発動機は6日、モータースポーツ活動に関し、新たにアジア各国で若手ライダーを発掘し、次世代のエースに育てるプログラムを導入すると発表した。スズキも同日、今期4年ぶりに復帰するバイク世界選手権シリーズの最高峰「モトGP」の参戦体制を発表した。

 ヤマハ発はインドネシアやタイ、中国などアジア6カ国から13人の若手ライダーを選抜。今年初めて設けられたアジアロードレース選手権の250ccクラスに出場させ、優秀な成績を残したライダーは世界的な大会にも出場させる。

 また、2016年には市販車ベースのバイクレースで最高峰の「スーパーバイク世界選手権」に5年ぶりに復帰する予定だ。

 一方、スズキは今月下旬に行われるカタールGPからモトGPに再参戦する。

 各社が金融危機後に相次いで撤退したレース活動に再び力を入れるのは、円安などによる業績回復を背景にレース人気が高い新興国を中心に認知度を高め、拡販につなげる思惑がある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。